初代から2シリーズまでの作品で使用可能なアセンブル
ストーリーモードを1回クリアすると、自機が重量過多腕部重量過多出力不足の状態においても出撃可能となるシステムを利用したものである。
ただし、あえて出力不足の状態で出撃するメリットは皆無であることや、超過重量分は速度計算に関係しないなどの理由から、大抵の場合は、通常ではあり得ない重武装を施した中量・軽量級の機体のことを指す。
先述の通りストーリーモードをクリアすることによって使用可能になるアセンブルであり、実質的にクリアボーナスの1つとも言える。ただし、ACPPACMoAでは初代のデータをコンバートして引き継がない限り、このアセンブルで出撃することはできない。その性質上、強化人間と同様に対戦では使用が禁止されるケースが多い。

アリーナの上位陣の多くはこのアセンブルの機体であり、同時に搭乗者が強化人間であることが多い。
なお、重量過多等の状況でも(性能低下を伴うとはいえ)出撃可能になった3以降の作品では、このアセンブルは使用不可能となっている。
ただし、Nシリーズにおける一部レイヴンの搭乗機はこの限りではない。

一部ファンの間では、“基準違反機体は一体いかなる基準に違反した機体なのか”が議論の対象となることがある。
ゲーム内での描写を見る限りでは、明らかに重量過多の状況でも、他の機体と遜色ない機動性を発揮していることから、この“基準”はメーカー側が設定したリミッターの一種である……等の考察がなされている。
しかし、詳細はフロム側が明言していない事も有り、不明である(そのためにフロム脳を駆使した幅広い解釈が可能となっているのは事実ではあるが)。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-04-30 (火) 08:28:05 (1631d)