ACVに登場する通貨単位。“エーユー”。
いわゆる「お金」であり、ロザリィが愛してやまないものである。

シティのみならずMoHなど他のミグラントでも報酬単位として用いられており、少なくともミグラントの間では広く普及している通貨であると窺われる。

具体的に何の単位であるかは『the FACT』にも言及されていないが、原子番号79・記号Au「金」と同表記であるため、後述の理由と併せてユーザー間では「金そのもの」として認知されていることが多い。

通貨としての“金”

ACVの世界は、誰もが羨む程の“モヒカンが火炎放射器を携えて「ヒャッハー!」と叫びながらのさばっていそうな世紀末的状況”っぷりである。
が、モヒカンが「お尻を拭く紙にもならない」と札束を投げ捨てた件の世紀末的状況を描いた某作品とは異なり、自らを「守銭奴」と呼ぶ程のお金大好き人間が存在することから、本作の世界では効力のある通貨が流通していることが窺われる。

しかし、世界が壊滅的打撃を受けていることに加え、本作に唯一登場する統治組織であるシティが発足から日が浅く、そして作中において崩壊してしまう等の理由から、組織がその価値を保証する信用通貨の運用は極めて難しいと思われる。
(仮にシティが独自の通貨を発行していたとしても、シティの外では通用しない可能性が高く、さらにシティの崩壊によってそれは紙くず同然となっただろう。)

そのため、歴史的に安定して高い価値を持つ「金そのもの」が通貨の基準となるのも、十分考えられることであろう

また「Au」という直接的な表記も、“金を加工した貨幣(金貨)”ではなく、“地金(金塊)そのもの”という印象を抱かせる
金を貨幣に加工し、通貨としての価値を保証する組織も存在しないであろうことから、金塊そのものの重量(純度も無視することはできないが)を基準に取引が行われていても不自然ではないだろう

歴史上の関連事象としても、大航海時代に「胡椒が銀(ないし金)と同じ価値で取引されていた」例のように、ACVの時代でも、極端に不足した物資などが同重量(ないし同価値と認められる分量)の金と交換されている可能性は十分に考えられる
某機動戦士の料理長なら、塩を得るために喜んで同重量(もしくはそれ以上)の金を差し出したことであろう。

こういった背景・歴史的事例などから、直接的な公式言及は皆無ながら「Au=金そのもの説」がユーザー間では比較的広く認知されている

ACVDの時代においても、傭兵の使用する通貨としてAuは健在の模様。
これは友好的な経済的交流があるとは思えない3陣営を往来する関係上、価値が普遍的な“金”の方が都合が良いからと思われる
もしくは、3陣営が揃って通貨制度として金本位制を敷いていた場合、いずれの陣営の通貨を用いていたとしても“金”に変換することができ、プレイヤーに分かりやすい形としてAuによる表記がなされていると考えることもできる


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-22 (木) 23:16:31 (787d)