世に平穏のあらんことを
Let be peace in the world.

Vシリーズに登場するミグラント集団。“蜂の巣”(Bee Hive)という意味を持つ。

聖なる教義と信者の概要

ACVの荒れ果てた大地に燦然と現れた組織。大量のACとパイロットを保有し、規模の比較的大きいミグラントであることが想像できるが、毎度構成員が漏れなく、新興宗教染みた掛け声と共に戦闘行為を始めるという、ぶっちぎりでイカレた連中である。
“現在の荒廃した世界を救うため、戦争を続ける者達を倒して平和な世の中を作り出すこと”を教義に掲げ、その教えを実現するために、信者は自らも傭兵となって戦争の元凶となっている傭兵の駆逐に乗り出している。
その名の通り、蜂をモチーフにした組織作りがなされており、機体名は元よりパイロットネームやエンブレムに至るまで、蜂のイメージで固められている。

ACVオーダーミッション

主人公達と対峙し、衝突を繰り返す。しかし幹部キングビー、クイーンビーや創設者キラーを含む信者を全て撃破されて組織は消滅した。

ACVD 

ある歴史研究家が、かつて存在したビーハイヴについて調べている内にその教義に心酔し、助手を巻き込んで新たな信者となった。
新生ビーハイヴと言えなくもないが、団員は2名しかおらず実質的には同好会レベルの組織。新規に塗られたもののはずだが、そのエンブレムは焼け焦げている。

その実態

本教団の創設者と思しきキラーは宗教的側面を組織拡大のための手段としてのみ捉え、利用していた模様。
詰まる所、ビーハイヴの教義とは悪徳金満家のキラーが利潤を追求し勢力を拡大するためにでっちあげた物でしかない、というのがその実情である。
信者達の撃破したACの残骸を売却して得たを、上納金として巻き上げていたのだ。キラーにとって信者達は、資金集めと勢力拡大のための駒でしかない。
大半の信者はそんなキラーの思惑に気づくことも無かったようだが、『the FACT』の記述によれば、教団の裏に気付いた上で信者として振舞った者も少数いたと言う。

現実世界編の布教

だが、ACVの発売以来、ゲームから現実世界に飛び出して、ビーハイヴ教は信徒を増やし続けている。
世に平穏のあらんことを

生物学的指摘

なお、蜂の社会を形成する働き蜂、兵隊蜂、女王蜂は全て雌である。キングビーは王蜂というよりも蜂の中で唯一の雄である雄蜂の事だと思われる。
これは蜂に限った話ではなく、蟻も同じである(そもそも分類学上は蟻は蜂と同種である)。
ならばなぜキングビー以外にも雄(=男性信者)が存在するのかという疑問もある(キラーは除いて)。
キングが存在し、ソルジャーとワーカーが分化していることより、モチーフである膜翅目ミツバチ科の社会より昆虫綱ゴキブリ目シロアリ科のそれに近い。

信者/搭乗機体(ACV)

キラー/ビーハイヴ タイプA0

苦心して創り上げた組織だったが、貴様のお陰で出直しよ? 代償は払ってもらうぞ」

教祖であるクイーンビーを陰から操っていた黒幕にして悪徳金満家。
信者が撃破したACの残骸を売り捌くことで利益を得ていた。
悪徳金満家ではあるがパイロットとしては一流であり、組織を壊滅に追い込んだ主人公にタイマンを挑んでくる。
尚、彼だけいつもの掛け声を言わない。元々自分が儲ける為に立ち上げただけの組織だから愛着も何も無いと言う事だろうか。

機体構成情報

搭乗機はライフルバトルライフル中型ミサイルを装備した中量二脚型ACである。
防御属性のバランスが良く、そのままでは主要武器が通用しにくいが対衝撃性能が低くハンドガンショットガン耐性低下どころか硬直が容易く取れる。

クイーンビー/ビーハイヴ タイプS1

「そろそろ殺しにも飽いたろう 我が自ら、引導を呉れてやる 彼岸にて、心安らかに暮らすがよい」

教祖として崇められていた女性。
時代錯誤とも取れるやんごとなきが如き口調が特徴。
最重要人物のはずだが、護衛も無く単身主人公に勝負を挑んできた。

機体構成情報

搭乗機はKRSWを含むレーザーライフルスナイパーライフルステルスミサイルを装備した四脚型AC。
教祖専用機の表われか、本機のみカラーリングに紫が用いられている(紫は古来より洋の東西を問わず、最高位を示す色とされる)。

英語版における変更

男性であり、搭乗者名がキングビーになっている。

キングビー/ビーハイヴ タイプA1

「我らの本懐を妨げる愚か者・・・ 消えよ」

後述のソルジャーやワーカーを取り纏めていた男性信者にして教団幹部。
the FACT』によれば、それまでに主人公に撃破された信者の復讐のために戦いを挑んだとされる。
キラーの存在・真の目的を知っていたかどうかは不明。

機体構成情報

搭乗機はタイプA0と同様にライフルとバトルライフルを主兵装とする中量二脚型AC。
ただし、こちらはタイプA0と比較して機動性を重視したアセンブルとなる。

英語版における変更

こちらがクイーンビーになっている。搭乗者は男性のまま。

ソルジャー0312/ビーハイヴ タイプA8

「あれだ同志よ、世の平穏を乱す愚か者よ」

教団の教えを妄信している信者の一人。『大事なことなので二回言いました』をハモらせながら実践する位には信仰が強い模様。

機体構成情報

搭乗機はレーザーブレードを主兵装とする軽量二脚型AC。

ソルジャー0331/ビーハイヴ タイプA6

「消さねばならぬ、さもなくばこの荒れ果てた世は救えぬ」

0312と共に教義を妄信している信者の一人。こちらも、『大事なことなので二回言いました』をハモらせながら実践する位には信仰が強い模様。

機体構成情報

搭乗機はレーザーライフルを主兵装とする中量二脚型AC。ENアンプリファイアーを肩に装備しているため、カタログスペックよりも火力は高い。

ワーカー0403/ビーハイヴ タイプS4

「あなたのような方を消さねば、戦いは無くならぬ 我らはそう仰せつかりました」

女性信者。レザライ4挺にENアンプを装備するなど、ACの知識には乏しい。

機体構成情報

搭乗機は4種類のレーザーライフルを装備した四脚型ACである。四脚型にエネルギー兵器を組み合わせることはエネルギーの枯渇リスクを増大させるのに何故・・・・・・

英語版における変更

海外版では強気である。

ワーカー0454/ビーハイヴ タイプS6

でも、あの機体じゃ・・・大して金にならなそうだな?

この教団の信者にしては珍しく、撃破したACの値踏みをしている。このことから、彼が教団の裏について察していたとも考えられる。

機体構成情報

スナイパーライフルを2挺装備した軽量4脚。

英語版における変更

英語版では女性である。

ワーカー0429/ビーハイヴ タイプS9

「世界は破壊しつくされ、それでも、戦いは続いている 消してあげます」

ストーリー上最初に戦うことになる信者。
教団内での立場も最下層である。

機体構成情報

比較的軽量な四脚に耐久性良好なパーツ群を装備した、中量級機体。
レーザーライフル2挺を主武装とし、ENアンプも装備。

英語版における変更

現在調査中

信者/搭乗機体(ACVD)

ソルジャー1325/ビーハイヴ タイプA12

「大いなるものが我らを見ている 負けるはずがない」

ファミリーについて研究を重ねる内にキラーがでっち上げた表向きの教義を真に受けた挙げ句感化され、世紀をまたいでの新規入信者となった間抜けな歴史研究家。
ファミリーの事を「無敵の傭兵集団」と信じており、助手も巻き込んでその教義を実行するため傭兵へ転身した。
リア充爆発しろ

機体構成情報

近距離型の軽量二脚。
左右の腕に高DPSの武器を装備し、削りに特化した性能。こちらの上を取って弾幕を浴びせる事が多いため、ダ メージに加えてミサイルが実質的に無効化されやすい点も厄介。

ワーカー1477/ビーハイヴ タイプS18

「このエンブレムこそ、その証。世に平穏のあらんことを」

女性信者。ソルジャー1325の相棒で、宗教にハマった歴史研究家の影響を受けて自らも入信した残念な元助手。
登場ムービー中で口にする上の台詞の途中で挟まれる笑い声は必聴、夜中に聞けないレベルのトチ狂いっぷりである。どうしてこうなった。
そしてリア充爆発しろ

機体構成情報

中距離型の四脚。
中距離を維持し、スナイパーライフルとバトルライフルで確実に削ってくる。僚機である軽二の動きに気を取られていると、ミサイルと一緒にこれらがガスガス刺さる。

余談

当然のことであるが、PSACシリーズに登場するビーハイブ(地下都市群の総称)とはなんら関係はない。

最後に

世に平穏のあらんことを


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-05-12 (月) 12:27:17 (1144d)