ルビコン調査技研?の開発した有人型AC。アイビスシリーズの内の1機であり、シリーズの最終後継にして唯一の有人機体。
コーラルの破綻に備えて開発された「最後の安全弁」である。

武装もライフルブレードミサイルシールド?の全てがコーラル兵装で統一されており、攻撃時の挙動も特殊なものが多い。

ミッション「ザイレム撃墜」の最終局面で登場する「ルビコンの解放者」ルートの最終ボスで、アーキバス?によって再教育を施されたハンドラー・ウォルターが搭乗し、C4-621に襲いかかる。
当該ミッションをクリアする事でフレームパーツ一式が入手でき、アリーナではANALYSISで対戦可能な追加機体として登場する。

なお、ANALYSISの解説文によれば、長らく所在は明らかにされていなかったらしいが、オールマインド計画にとって障害となりうる存在と判断されており、破壊が提言されている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-06-30 (日) 07:59:51 (25d)