3シリーズに登場する傭兵斡旋組織。GLOBAL CORTEX.単にコーテックスと呼ばれることも多い。
レイヤード歴初期の時代、管理者が人類を直接指導していた頃においては、地上からレイヤードへ大量の人間が移住することにより生じる様々なトラブルを防止し、治安を維持するための組織として存在していた。
しかし人類のレイヤードへの移住が完了し、管理者が人類に直接的に指導を加えることが無くなるにつれて、独立して企業にレイヴンを派遣するネットワーク機構へと変質する。
基本的には中立のスタンスを取っているため、各企業がそれぞれに対する妨害工作依頼を出すこともあった。また、実戦を利用して行われるレイヴン試験でも、テロリストによる妨害工作が加えられることがある。
各レイヴンに対しては、作戦行動中のオペレーターの情報支援に加え、ガレージの賃貸、個人記録の管理、パーツ販売の仲介などを手掛けていた。ちなみにオペレーターはオペレーションルーム詰めである。
元々管理者によって設立された組織であるためか、人類が地上へ復帰するにつれて影響力を失い、その役割をレイヴンズアークに譲り渡す。

なお、ACVDLC第2弾のチームエンブレムセット4エンブレムが入手可能。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-17 (土) 05:53:29 (1797d)