3シリーズに登場する、惑星規模での大規模な災害(エクストラガレージにおいてAC3における大破壊と記述)に逃れる為にいくつかの国家が作り出した地下都市のこと。
第一層から第四層に分かれ各層に様々な区画が割り振られている他、最深部には管理者が置かれる中枢セクションが存在する。
各区画の延べ面積は900万平方kmにも及び、地下とは思えないほど広大な面積を持つ。レイヤードを端から端に横断するには交通機関を利用しても3日はかかるという。
また、擬似的とはいえ、気象や空、山岳地帯、海までも再現されているため、住人が地下都市であることを意識することはほとんど無い。
AC3においては全ミッションがこの箱庭の中で繰り広げられ、エンディングにおいて地上へのゲートが解放される。
地上へと人類が進出したSLの時代においても多くの人々が居住している。この時期、三大企業の関心事はサイレントラインの向こう側ではあったが、クレストはレイヤードの再開発にも注力していたとされる。

各階層の概要

第一層

第2都市区 自然区 特殊実験区

第二層

環境制御区

第三層

第1都市区 産業区

第四層

エネルギー生成区 中枢


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-27 (火) 22:01:52 (182d)