リンクスNo.4、ローゼンタール社所属。
同社で唯一のオリジナルで、極端な少数精鋭主義の成果となるエリートである。
AC4発売前のムービーで、所謂『破壊天使』と呼ばれた白いネクストノブリス・オブリージュ”を駆る。

作中では主人公の協力と共に、レイレナードの最精鋭ネクスト部隊と激戦を繰り広げる。しかし、せっかく大量の積載を割いて装備している背部武器をあまり使わないのが勿体無い。それだけでなく、シミュレーターで戦う際には憑りつかれたようにブレードを連発することがある。
リンクス戦争を生き延びた後は霞スミカらと同様に一線を退き、ノブリス・オブリージュジェラルド・ジェンドリンに引き継がれる。ちなみにジェラルド用ノブリス・オブリージュのアーキテクトは彼である。

余談だが、作中のミッションハードモードでは既に撃破されている。
従って、象徴である破壊天使を駆るリンクスがいない為ローゼンタールがジェラルドに引き継がせた、という説もある。とはいえ死亡したと作中で明言されているわけでもなく、確実なのは『レオハルトはリンクスとして一線を引き、ノブリス・オブリージュをジェラルドに託した』事実のみである。

なお、中の人は櫻井孝宏氏。某3機合体のスーパーロボットとかローラーで高速移動する4m級人型兵器とか、そういうのに乗ってる人。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-22 (木) 22:12:35 (758d)