fAミッションORCA旅団本隊撃破”にて、メルツェルが死に際に言う台詞。
全文は「…潮時か…まぁ良い…最早私も無用だ…人類に…黄金の時代を…」となる。
クローズ・プラン遂行の為に死を覚悟してビッグボックスへと向かったり、自らを無用と言い切るなど、自分をチェスの駒の様に考えていることが窺える。
彼こそ参謀の鏡と言えよう。
なお、4シリーズ全体を通してもこの台詞にのみノイズが混じっており、このことがユーザー間で様々な憶測を呼ぶ原因となった。

余談だが、小説家エドガー・アラン・ポーの作品に『メルツェルのチェス人形』というものがある。ウィン・D・ファンションがメルツェルの事を「自動人形」と呼ぶのはそこから来ているのか、それとも……。 今、フロム脳が試される。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-13 (木) 11:40:18 (1648d)