火炎放射器を上に高く掲げて走り回ること。
火炎放射器をオリンピックの聖火リレーのトーチに例えたもので、ACは視点移動を行っても頭部の向きが変わらないため、リプレイではさほど不自然な図にはならない(滑稽な図であることは間違いないが)。
言うまでも無く、これをやったところで対戦で有利になるということは無い。そもそも火炎放射器自体、非常に扱いにくい武器である上、この状態だと攻撃や回避が一切不可能になってしまう。
つまる所、一種の“お遊び”である。
ちなみに、AC4に火炎放射器は登場しないが、フルチャージしたコジマライフルで代用可能(ただし、色がどう見ても炎の色ではないので風情は無い)。

そしてACVでは常にチャージ状態を保ち続けられるような装備が一切存在しないため、これを行うことはできない。
ACVDレーザーライフルのチャージ状態維持が可能になった(タイミング良く2020年の東京オリンピック開催も決まった)ため、復活の可能性がある。

類似のネタ技術として漢虹が存在する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-22 (木) 23:13:46 (670d)