AC2に登場する戦略航空戦艦。
LCC所有だが、元々はバレーナ社が開発していた。
「火星全土を灰にできる程の火力を備えている」とされる「AC版天空の城ラピ○タ」
外周部に多数のグレネードランチャーマシンガン砲台がある他、ファイヤーワークスが無限に飛来してくる。
そして内部に入ったら入ったで、今度はディソーダーがわんさか出現するというおよそ戦艦とは思えない代物。

むしろ『後のアームズフォートである』と言うべきか。

各地での陽動作戦(反乱そのものとも言える)の隙を突き、LCCの軍事基地からフライトナーズが奪取した。
主人公は政府からの依頼を受け、多くのレイヴンと共にこれの破壊に向かう。

ちなみに、ここから生きて帰って来たレイヴンは主人公のみ。
大半は内部に突入する前に撃破され、主人公以外では唯一生き延びたバルザックも、主人公が内部に入った直後に撃破されてしまう。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-22 (木) 12:29:55 (1373d)