本項目ではVシリーズに登場する実体刃ブレードについて触れる。
初代ACに登場する企業については、ムラクモ・ミレニアムの項目を参照のこと。

ACVACVDに登場する、KE属性の近接戦闘用装備。“BD-0 MURAKUMO(VDではMURAKUMO.md1)”のこと。
その分かりやすい型番からこのように呼ばれる。

ACシリーズ初の、使用回数に制限の無い実体刃である。
有体に言ってしまえばfAドーザーポジションの武器なのだが、初代AC発売から15年以上の時を経てついに実装された実体刃から漂う素敵性能がドーザーとは比べ物にならないのは言うまでも無い。
実際にこれを装備してガレージで振ると、空間が軌跡の形に歪むエフェクトが出るのも素敵っぷりを加速させている。

その形状はガンダムエクシアのGNソードにも似るが、装着する向きはそれとは180度逆となる。
従って、刀身は通常、前方に折り畳まれており、使用時には“後方に”展開する。そして、肘の延長線上に位置する刀身によって斬撃を加える方式をとる。
レーザーブレードよりもリーチが短く扱い辛さは否めないが、衝撃値が設定されている利点がある。
また、レーザーブレードと同様、モーションの都合、側面にかけても当たり判定が存在する。特に両腕で同時に振った場合に顕著であり、この場合は真正面には攻撃が当たらないので注意。また、同様の理由から両腕で振っても多段ヒットしにくいため、ムラクモによるブレオンは相手との位置関係を見計らいながら左右の選択をする、という使い方が主となる。

なお、武器性能変化により各種パラメータを変動させることが可能なACVだが、当然この武器もその例に漏れない。
が、有効範囲がこれにより変動する理由についてはフロム脳を全力回転させる他ないだろう。

レーザーブレードHEATパイルに比較すると威力が低く見えるが、ブーストチャージと同様、斬撃時の機体の速度と重量により与えるダメージは変化する特徴がある。
このため、ACには上半身のバネのみで突きを繰り出す等といった気の利いたモーションが無いというのもあり、密着状態でただ振るよりも、ハイブースト?等で相手の懐に飛び込み、その側面を駆け抜けながら斬り付けた方がダメージが大きくなる。
この事からこの武器の真価を発揮させる事が出来るのは元々蹴りの威力があまり無い軽量級であり、ベストタイミングで当てる事が出来ればその威力はパイルに迫り、ドミナントならばステップ移動の如くハイブーストを交えて格ゲーばりのコンボを決めて相手を秒殺する事もしばしば。
とっつきと重二の蹴りで充分?何それおいしいの?

地味にACVDにて変更点があり、両手同時使用時が素早く二連続で切り付ける動きになり、漸く真正面への攻撃判定と大幅な素敵性能のアップを得た。
また軽めではあるもののブレードホーミングが掛かる様になり、前作程正確な狙いを必要としなくなったのも嬉しい事である。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-17 (火) 18:22:17 (523d)