ゲームシステム的には、自機のアセンブルやカラーリングの変更、エンブレムの作成などを行うモード。
アセンブルは自分のプレイスタイルやミッションに合わせて逐次変更されるものであるため、多くのプレイヤーがこのモードを長いこと開いているであろうと思われる。

ACLRからは鑑賞モードが実装され、アセンブルした機体を様々な角度から眺める事が可能となった。

Vシリーズでは、鑑賞モードのコンセプトを更に推し進め、ガレージのデザインが変更可能になっており、プリセットの他、ダウンロードコンテンツ(有料)を購入してレイアウトを設定できる。
ダウンロードコンテンツ版には、敢えてACVの世界観とはかけ離れた“ネタ要素”の強いデザインも配信されている。

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-09-11 (月) 22:42:16 (175d)