Vシリーズにて導入されたシステム。
ショップで購入した腕部兵装の性能を変化させるシステムだが、ACVと続編のACVDとで仕様が異なる。

ACV

出撃によって腕部兵装の性能が変化し、それをオンラインショップ上で流通させることができる。

性能が変化するのはガレージにて“PERFORMANCE”のゲージが確認できる腕部兵装
変化タイプは【威力型】・【威力特化型】・【速射型】・【速射特化型】・【命中型】・【命中特化型】の六種類があり、ショップ購入時にいずれか一つを選択する。*1
また、タイプ決定時には併せて「刻印」として任意の文章(デフォルトではパイロット名)をパーツに登録でき、パーツの変化タイプを分類したり、後述の流通システムで自分の名前をアピールしたりできる。

変化するパラメータは【攻撃力】・【衝撃力】・【リロード時間(使用間隔)】・【基本ロックオン時間】・【発射速度】・【威力保証距離】・【射撃安定率】・【使用時消費EN】・【爆発力】・【爆発衝撃】・【ブレードレンジ】・【チャージ時間(※隠しパラメータ)】。
該当の腕部兵装を装備して出撃すると、“PERFORMANCE”のゲージが伸びるとともに上記の性能が少しずつ増減していき、7〜9回でゲージMAXとなって変化が止まる。

性能の変化は最初に決定したタイプの影響を受けるものの、ランダム性が非常に強く、全く同じ性能のパーツを意図的に作ることはほぼ不可能。
このため、理想性能を追求する厳選と呼ばれる行為がユーザー間で一般化することとなり、容易にアセンブルが試せないという問題が発生した。

流通

一定の性能に達している“PERFORMANCE”パーツは、売却後にオンライン上の「新着パーツ購入」に陳列され、他プレイヤーが購入できるようになる。
「新着パーツ購入」で同時に陳列されるパーツ数は限りがあるため、他のプレイヤーが同一カテゴリのパーツを多数売却・流通させるとショップ上から消えてしまうこともある。

多数のプレイヤーから購入されて人気が認められると「人気パーツ購入」に陳列されるようになり、安定して購入可能になる。
ただし、人気パーツはあくまでよく売れているパーツに過ぎず、必ずしも優秀とは限らない。
また、中にはどう見ても刻印のネタ性だけで売れたであろうパーツが紛れ込んでいることも……。

いずれのショップにせよ品揃えは時期とユーザーの流行次第だが、時にはかなり実戦的な武器が流通することもあり、運が良ければ自力で厳選する手間を大きく省くこともできる。

公式放送などでの解説によると、売却された武器を基にコピー品が製造され、専門のショップで取り扱われているという設定である。
ストーリーなどで「文明が崩壊し、生産能力の著しく衰退した世界」と説明されているにも関わらず、どのようにして武器がコピー生産されているのか、フロム脳を掻き立てられる点である。

対象外

“FIXED*2”、“SPECIAL”、“JUNK”と表記されたパーツは変化しない。
具体的には肩武器オーバード・ウェポン、各フレーム、各種内装、セントリーガンジャマーターゲットガンがこれにあたる。
ダウンロードコンテンツで購入したパーツセット、リペイントパーツなども“SPECIAL”扱いになるため、性能変化しない。*3

なお、オフライン起動中はショップ購入、サブクエスト「廃品回収」での取得を問わず手に入る腕部兵装は全て“FIXED”となり、また“PERFORMANCE”も変化しない。

ACVD

武器は購入時に既に性能は変化済みとなり、ミッションに出撃して変化させる必要が無くなった。
性能変化はランダムではなく固定となり、厳選の必要も無くなっている。
また、購入時に変化傾向を決める際は威力、速射、命中の3要素に対してポイントを割り振る方式に変更されたため、性能特化型の他、全スペックをまんべんなく強化させるバランス型にすることも可能。
武器が購入時に変化済みとなったため“PERFORMANCE”ゲージは廃止され、新たに“TUNE”として、購入時に設定した変化傾向が表示されるようになった。

なお、この仕様の変化により流通ショップは廃止されているほか、「刻印」は常に現在のパイロット名が表示されるようになっている。


*1 サブクエスト「廃品回収」で取得したパーツはランダムで決定される。変化タイプは購入後は確認できない。
*2 海外版では“Repaired(修理済)”と表記されている。
*3 ただし、リペイントパーツはゲーム内ショップにて再購入すれば性能変化させられる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-23 (金) 20:08:20 (763d)