MOAに登場するオペレーター。英語表記ではLana Nealsen。
CVは渡辺久美子

復讐のためレイヴンになろうとしている主人公に接触し、彼をレイヴンにすると同時に、そのオペレーター及びミッションを斡旋するマネージャーとなる。
彼女のサポートの下、主人公は優秀なレイヴンとして成長していくが、やがてスポンサーであるプログテックとの関係に関して主人公と意見及び立場が対立、最終的に絶縁してしまうことになる。

表向きは“元レイヴンのオペレーター”であった彼女だが、実はレイヴンズネストの作り上げたAIで、同時にイレギュラー要素を排除するACナインボール”の制御システムであった。
主人公と立場が対立したのもこの事に起因し、ラナは近年急成長を遂げたプログテックをイレギュラーと認定し攻撃したが、スポンサーである同社に雇われた主人公によって、それを幾度も阻まれたからであった。
しかし、そのプログテックをスポンサーとして紹介したのは、皮肉にもラナ自身であった。
その後、ナインボールが撃退されたことで主人公もイレギュラーと認識したラナは、彼を自らの本拠地へ招き入れ、最終兵器ナインボール・セラフによって排除しようとするが、激闘の末に敗れ、機体は炎に包まれて崩れ落ちた。
小説版では続きがあり、その後で主人公によって、ラナの本体であるAIが破壊されている。

ACVDに登場するラーン・ニールセンとの関係は不明。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-03 (金) 00:08:02 (756d)