ACの作戦遂行を補佐する戦闘コンピューターで、おおむね頭部に搭載されている。
各パーツごとに性能・性別が異なっている(性別は2以降)。

初代では敵増援の機数なども報告してくれたが、ACPPからSLまではミッションでしか日の目を見ることは無かった上、
オペレーター陣によって活躍の場を奪われていた。しかしNX以降、自機の耐久度や敵機の情報を報告してくれるようになった。

ちなみにN系作品ではクレスト・インダストリアルが女声、ミラージュが男声で固定である。
あまり意識しないかも知れないが、「最も頻繁に耳にする音声なので、きっちりと文の読める人を」というスタッフの拘りから、
シリーズを通して有名声優が多数起用されている部門でもある。

AC4では元頭部の機能のほとんどがFCSに移行しており、コンピューターボイス機能は排除された。
設定上はネクストの頭部には機体全体の制御を司る統合制御体が搭載されており、
各種小説媒体では機体監理のみならず緊急時の自動操縦など、従来の頭部コンピューターの発展型として機能している様子が見られる。
ゲーム中で失われた戦況報告機能に関しては、オペレーターがやってくれる(個人差あり)が、
お決まりの「メインシステム 戦闘モード 起動します」がなくなったことは寂しがられることもある。
ちなみにAC4が07年のゲームショウで初プレイアブル出典された際は、オペレーターが「戦闘モード、起動」を読み上げていた。

しかしACVになると一転、コンピューターボイスがこれまで以上に多くの情報を伝えるようになっている。
『メインシステム 戦闘モードを起動します』の復活は言うに及ばず、損傷度のみならず各装備の残弾数まで報告するようになった。
そしてその真骨頂がOW使用時の警告メッセージである。
さらに、ボイスはアセンブルに関わらずデフォルトで5種類の中から選択可能になっている。
地球人ならタイプ5を選んで懐かしさに浸るのも悪くないだろう。
また、有料ではあるが海外版音声をダウンロードして用いることが出来る。
なお、2012年8月にフロムのキャンペーンで、過去作品のキャラクター人気投票が行われ、そこで1位〜3位に輝いたキャラクターの声優はDLCコンピューターボイスとして起用された(元々は1位のみの予定だったが、枠が拡大された)。

歴代頭部コンピューター担当声優

確認取れ次第追記。

PSACシリーズ

2シリーズ

3シリーズ

  • 堀内賢雄?(ROUGH、DETAILED)
  • 千葉一伸?(STANDARD)
  • 鷹森淑乃?(ROUGH、DETAILED)
  • 平松晶子?(STANDARD)

Nシリーズ

Vシリーズ

ACV〜

ACVD

関連項目

アーマード・コアシリーズ キャラクター人気投票コンクール 結果発表


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-16 (水) 13:39:07 (1402d)