初代ACに登場する、ムラクモ・ミレニアム所有の月面基地。
元々は大破壊以前に建設された施設で大深度戦争の時代では唯一復旧可能な月基地だったため、ロアの掌握は月全域を支配出来る事を意味する。そのため、ムラクモは部隊を派遣し、ロアの機能回復を図っていた。
まるで迷路のようになっていて、破壊目標となるジェネレーターを見つけるまでに時間がかかる。また、敵も相当量が配備されており、おまけに機動力の高いAC(の見た目をしたMT)まで数体いるため、いちいち戦っているとあっという間に弾が無くなってしまうといういかにもPSACらしいステージ。
作中では主人公が潜入工作というミッションで登場したものの、ムラクモ自身の手によって動力炉を自爆させたため、壊滅する。これほどの大型施設でありながらも、機密保持のもとに完全爆破させたようで、何かよほど外部に漏らしたくない情報を持った場所らしいことが分かる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-25 (木) 12:04:09 (424d)