ルビコン調査技研?ザイレムとともに作り上げた実験都市。
アイビスの火以降、ウォッチポイント・アルファの地下にバスキュラープラント?とともに封印されていた。
技研が開発したアイビスシリーズも、余人の手に余る存在として同都市内に封印・秘匿されていた事が示唆されている。

災禍によって消失したと思われていたコーラルもこの都市に集積し、自己増殖しており、それを守るかのように各種C兵器及びIB-01:CEL 240が都市を徘徊している。

ハンドラー・ウォルター曰く、罪人たちの墓標。アイビスの火による破壊から半世紀後もニューヨークの摩天楼を彷彿とする高層ビル群や巨大な吊橋など、かつての繁栄を思わせる遺構が原型を保っている。
ナガイ教授の口述記述によると、技研都市がアイビスの火の着火点であるとされる。コーラル焼却によって技研都市の直下に空洞ができ、それによりバスキュラープラントを中心にすり鉢状に陥没し、中心部はコーラル集積地点を含め湖となっている。

C4-621とCEL240の戦闘の後、最終的に技研都市はアーキバス?によって掌握され、駐留部隊の配備と再教育センター?の設置、及びバスキュラープラントの大気圏外延伸計画が実施された。
一方、アーキバスに捕らえられた621はシンダー・カーラの協力を得て都市を脱走。プラントを巡る戦いに身を投じる事になる。

なお、賽は投げられたルートでは技研都市掌握前にV.IIスネイルを喪い、ウォッチポイントに駐留していたアーキバス部隊も壊滅的ダメージを受けたため、その後どのように扱われたかは不明だが、バスキュラープラントの大気圏外延伸計画の実施は予定通り行われている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-11-13 (月) 00:15:29 (195d)