公式漫画作品『ARMORED CORE TOWER CITY BLADE』の主人公機。
第1話タイトル『火神の剣、その名は……』から察するに、スペルは“Vulcan Saber”か。

赤く塗装された軽量二脚の機体であり、コアパーツにOBを搭載したRAKANを採用した高機動型の機体だが、カラサワを装備するなどの要因からエネルギー配分に問題のある極めてピーキーな機体として描写されている。
左腕にはダガーを装備しており、これを用いた接近戦を仕掛けるシーンも見られた。

ただし、実際にACNXでこの機体を使用すると、熱量やブースト速度の仕様のためにまるで使い物にならない。
文字通り「絵に描いたネタ機」とも言える。

ちなみに“Vulcan”はローマ神話における鍛冶の神“Vulcānus(ウルカヌス)”の英語読み。
現用兵器である20mmガトリング砲「M61“バルカン”」や、某ロボットの頭部に搭載されているとされる、いわゆる“バルカン砲”と同じ語源である。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-09-17 (月) 21:51:56 (1917d)