AC2のラストミッションにて、常識を超えた戦闘力によって尽く企みを阻止してきた主人公に向けてレオス・クラインが言い放つ台詞。

ACシリーズのストーリーは大抵、主人公が絶大な戦闘力を振るって世界変動の引き金となる物語であるため、類似する台詞はシリーズの伝統に数えられる。
台詞が持つ印象の強さと汎用性の高さから、ユーザー間ではACシリーズにおけるストーリーのあらすじを示す代名詞ともなっている。
当然ながら、ストーリーの進行上は主人公が勝利(=発言者が敗北)するため、死亡フラグの一種とも見做される。

前後の全文

クライン:
我々はいつも誤りを犯す
そうは思わないか、レイヴン

クライン:
我々には管理するものが必要だ
我々は我々だけで
生きるべきではないのだ

クライン:
レイヴンの国・・・
私はそれほど愚かではない

クライン:
全ては理想のため・・・
復活のため

クライン:
消えろ、イレギュラー!

英語版

“Die, rebel!!!”(死ね、反逆者!!)と訳されている。
2シリーズでは日本語版でも英語音声との切替が標準で実装されているため、日本のユーザーにも馴染みがある。

ただ、英語字幕に対応していなかったせいもあって、“Die, raven!!!”と聞き間違う者が続出し、未だに誤解しているユーザーの方が多い。

何故か一部のユーザーには笑いの種となっているようで、聞き間違いも相まって「ダァーイレイヴォーン!!」などとネタにされることが多い。

関連項目


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-22 (木) 23:28:30 (702d)