財団.jpg

ACVDに登場する組織。Foundation.
タワーに納められた旧時代の技術の復元を行っている研究機関。
本作の武器腕UNACはここから提供された技術によるものである。
かつて存在したミグラントの一部によって設立されたといわれているが、関係者が下記の代表者しか現れず、謎が多く怪しい組織である。

3陣営に対して中立を標榜し、各陣営及び個人傭兵にUNACのシステムを提供していた。ただ、その言動は戦争を煽っている様だと言われている。
しかし、物語序盤を過ぎたあたりから、財団が各陣営に提供したUNACが暴走を始め、それが後に財団の仕込んだプログラム(時限式ウィルス)によるものだと判明。
当初の“3陣営の三つ巴の戦い”は“3陣営VS財団”へと変貌していき、主人公の活躍と各陣営の数の暴力によって「ぶっ壊れた人形」は駆逐されていった。

同盟関係にあった死神部隊も、リーダーのJを残して壊滅し、頼るものを失った財団はタワーから持ち出したとみられるN-WGIX/v(Armored Core)を投入し、主人公の抹殺を図るも返り討ちに遭う。
決戦後は代表者の宣言によって財団は組織解体された模様。

その行動(協力からの裏切り)や無人としか思えない組織体系、人の可能性について言及するなど、前作の企業と共通点が非常に多い。
「FORGOTTEN DAY」では人類を欠陥だらけの生物、その人間から作り出された主任やキャロルも欠陥だらけの存在だと一蹴したアイザックという人物を企業は引き入れており、
財団が表舞台に出始めたあたりから企業は活動が見られなくなるなど関連性を匂わせる部分は多い。

なお目的こそ“人類の復興”または“人類の滅亡”と真逆ではあったものの「人間は自らを滅ぼすと知りながら争いをやめられない愚かな生き物」という部分ではキャロルと財団の価値観は一致していたほか、
キャロルは“秩序を破壊する例外”はプログラムには不要として完全な秩序と管理による復興を考えていたため、 財団が死神部隊を使って“例外”を見つけ出して排除していた部分に関しても利害は一致していたと思われる。
また主任は人類の行く末が見られるのなら復興でも破滅でも何でも良いと中立の考えを持ち、財団の行動を黙認していたようである。

財団(人物)

財団の代表者ともいえる人物。声優は堀江一眞。
組織の関係者といえる者は彼しか登場しないため、彼が財団そのものといって差し支えない。
質問などには一切回答せず、自分の言いたいことだけ言って去ったり、決戦の時には押されているような小芝居をしてみたりと、人を食った様な性格をしている。
彼の発言から、かつては人間であったが、後に人間をやめてAI的なものになった様子。
「人は人によって滅びる」と言い放ち、人間同士の闘争によって世界が滅ぶことを望んでいる様子が窺える。
ラストミッション後、各陣営に財団の解体とタワーからの特殊兵器による総攻撃を宣言し、そのまま行方不明となっている。

しかし、タワー争奪戦(ワールドモード)において、傭兵に死神部隊への参加を依頼してくる謎の人物の文面が、彼の口調と酷似しており、ラストミッション後も世界を破壊しようと暗躍しているものと思われる

ACVD-LINKのアーカイブなどで語られるアイザックという男性が、荒廃した世界とそれを作り出した人類を恨んでいるとされており、その言動やタワーと接触後に行方を眩ましていることなどから、彼が人間をやめる前の財団(人物)ではないかと考えられる
ともすると名前の元ネタは、SF小説「ファウンデーションシリーズ」の著者、アイザック・アシモフか。

余談

ACVDにて武器腕をはじめとする新パーツが登場したが、これは財団が作ったものである(マギー談)。
しかし財団が作るパーツはどれも癖が強く、かつ見た目がいい素敵性能重視のものが多い。
どこぞの変態企業よりは作ってるパーツはまともだが、性能は変態であった。

関連項目


添付ファイル: file財団.jpg 2670件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-23 (水) 09:03:52 (772d)