AC2の登場人物で、特殊部隊フライトナーズの隊長。Leos Klein.
担当声優は小山力也

地球のアリーナにてナインブレイカーとして名を馳せたレイヴンであり、一度も王者の座を譲らぬまま引退した実力者。
野心家であり、フライトナーズ赴任に伴う火星着任には彼なりの目論見があったようだ。
プレイヤーのレイヴン試験の監督役を務めたストラングとは旧友らしい。

搭乗機はジオ・マトリクス製品ばかりで組まれた蒼いACで、OPムービーに登場するACに構成が酷似している。
名称は明らかにされておらず、ユーザー間では俗にクラインACと呼ばれている。
最終決戦時には人工ディソーダースカラバエウスフィリアル)」に搭乗している。

外見年齢は40歳程度だが、強化手術によって保たれた肉体年齢であり、実年齢は90歳近い。
レイヴンズネストが存在していた初代時代から生きており、ジオ・マトリクスによる火星の初探査にも警備要員として参加している。
そのような過去も手伝ってか、火星には強い想い入れがあるらしい。

意味ありげな発言が多く、真意が測りにくいが、最終的には旧世代のような管理社会の復活を目的としていたようである。
クーデターを起こし、衛星フォボスを火星に落下させようとしたものの、主人公に敗北。
彼の本当の目的は明らかにはならず、エピローグで流れるネル・オールターのモノローグにもあるように、世間一般には“火星国家樹立を目論んだ革命家”として認識されることとなる。
ユーザー間ではその目的について、「フォボスに旧世代の管理コンピューターが存在し、それを火星に持ち込もうとしたのではないか?」との意見もある。

ネスト時代から存命であったことや、その言動、機体構成などから、「初代シリーズ(特にMOA)の主人公のなれの果てではないか?」との俗説があるが、作中・設定上ともに直接の根拠はない。

関連項目


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-23 (水) 22:48:07 (1771d)