初代AC及びそのリメイクであるNXレヴォディスクに登場するランカーレイヴン
重量二脚AC“スレッジハマー”に搭乗する。

ACシリーズを通して最初に主人公を騙して罠にかけ、さらに最初に主人公をイレギュラー認定した重要なキャラクター。
認定の際に発した、「わからんのか?イレギュラーなんだよ やりすぎたんだ お前はな!」というセリフはACシリーズを象徴する名言の一つ。
手段を選ばず主人公を消しにかかり、「依頼主」に関しては一言も話さぬまま倒された。

スレッジハマーは重量二脚型ということもあって確かに硬い機体(ゲームの仕様上はAPの高いMT)だが、バズーカ等の武器の命中率そのものは大したことが無いため、苦戦することはほぼ無い。

騙し討ちレイヴンとして見ると、口だけ達者なかませ犬としてネタキャラ扱いされることの多いランバージャックズベン・L・ゲヌビに比べ、イレギュラー認定を行い、巨大な権力の手先として主人公と対峙する点でイメージ的に恵まれている(これはリップハンターについても同様)。

NXでは機体再現の為に頭部(REDEYE)が復刻されたが、円盤形のコアや彩度が上がったカラーリングなど当時とはかなり印象が異なる仕上がりとなった。
加えてNXの基準でもダッシュが遅すぎ、距離を取りつつのミサイル+連動で簡単に倒せる。
とはいえ、まるでトラックのような爆音を鳴らしながら(ムービー中の演出)豪快に登場する様はなかなかの迫力である。
こちらでは自らを撃退した主人公の力に動揺し、世界を支配する権力に操られる自分達を嘆きつつ撤退するなど多少の人間味を見せた。

なお、ACVDLC第2弾のエンブレムセット4で(名前の表記が機体名になっているが)エンブレムを入手可能。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-11 (水) 18:37:52 (101d)