ACシリーズ10作目(事実上は11作目)で、PS2最後の作品。キャッチフレーズは「誰もが生きる為に戦っている」。
公式上では10作目ということであるが、これはACFF未カウントの数字である。
つまり、「アクション版AC」の10作目であると言うことなので要注意。

舞台はACNXのエンディングからおよそ半年後。
特攻兵器の襲来によって弱体化した企業(ミラージュ・クレスト・キサラギ)はアライアンスを結成。
それによって世界は安定したかに見えたが、突如現れたジャック・Oが結成したバーテックスがアライアンスへ宣戦を布告。
24時間後にアライアンスへ総攻撃を掛けると宣言した。
これにより、生き残ったレイヴンたちによる生死をかけた24時間の戦いが始まった。

システム面では新要素として部位破壊が登場。この作品の主題である“生きるか死ぬかの戦い”を演出している。
しかし、このシステムによってフロートなど一部のフレームパーツが産廃と同様になってしまっている。
熱の仕様も改善され通常の行動だけでは熱暴走しにくくなった。
また、ブレードホーミングも復活したが、その仕様はユーザーの満足できるものではなかった。
その他、ガレージの仕様が大幅に変更され、より扱いやすくなり機体の閲覧機能も加わった。機体ストックも3機から5機に増えている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-27 (火) 23:06:42 (183d)