ACfAに登場する、GA製多脚アームズフォートランドクラブ”に独自の改修を施したものとみられる未確認AF。つまり、"ナニカサレタ"ランドクラブ。

acfa_06_002.gif

ソルディオスの名を冠しているだけあって、機体上部に複数のソルディオス・キャノンを装備する。
これらは自律して行動することが可能で、あたかもオービットキャノン、もしくはイクシードオービットの如く、本体から離脱して浮遊しつつ攻撃を加えることが可能。

3次元的な機動が可能になった(その姿勢制御ブーストはクイックブーストのように素早い)上に、アサルトアーマーといった、ネクスト技術の一部が投入されており、ソルディオス砲射出までの時間も短縮されている。
このため、リンクス戦争当時のソルディオスからの大幅な戦力向上に成功、数あるアームズフォートの中でも瞬間的な火力は極めて高いものとなっている。

ちなみに、ランドクラブは運送用らしく、ソルディオス砲の制御には関係がないようであり、破壊されても特にソルディオス砲には影響が無い(ハードモードの場合、飛行する前にランドクラブを破壊する事でソルディオス砲にもダメージを伝播させられる)。
ソルディオス砲を射出する前にランドクラブは変形して脚を開くが、この際に普段の移動用キャタピラユニットは太ももあたりに収納されるため、形態によって接地面が変わることが分かる。
本編中に明言が成されなかったため、長らくトーラスが改修を行ったと考えられながらも、正式には改造元は謎とされてきたが、A NEW ORDER of “NEXT”においてインテリオル・ユニオン関係者がインテリオルとトーラスの共同で製作した実験機であることを明かした。

作中の台詞から、“あんなもの”に該当する。


添付ファイル: fileacfa_06_002.gif 3618件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-06-08 (月) 01:14:07 (896d)