有澤重工第43代社長。
企業のトップに立つ人物でありながら、AMS適性を有し、カラードに所属するリンクスでもある(ただし影武者説もある)。ランクは16。
ある意味日本版マイケル・ウィルソンだが、その言動は非常に落ち着いており、端的に言えば渋いオヤジである。
愛機であり、自社のフラッグシップ製品でもあるネクスト雷電”の堅牢さと重火力(要するにガチタンとしての完成度)への強い自信と信頼が発言の節々に顕れているが、「当然の結果だ。撃ち負けはせんよ、当るのであれば」「コジマは、まずい…」など、流石に自機の特性と欠点は把握しているようである。

ハードモードではグレートウォールの防衛任務中に主人公と交戦、撃破される。
しかし、その後のミッションレッドラムスタルカ撃破”では何事もなかったように遼機として登場する。
グレートウォールにいたのは影武者という推測も可能。
それとも、雷電を削りきった程度では社長本人を倒すことなど出来ないということなのか・・・。
また、ミッション、”未確認AF撃破”にて撤退と言いながらときどきAFに引っかかり、その場に停滞してソルディオス砲の囮となる漢魂をみせる。この際も驚異の生命力を発揮し、彼が常人とは違うということを自らアピールしてくる。

なお、彼の渋い声は浦山迅氏の演技による。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-02 (木) 13:57:53 (811d)