AC6』に登場するフレームパーツ。正式名称「AC-J-120 BASHO」。
BAWSの販売する旧型ACで、MTから派生した最初期のモデルだが、その堅牢で無骨な作りを愛好するオールドファンも多い。
外観上の特徴として各パーツが平面と直線で構成された形状をしており、デカールを貼り付ける看板としての需要もある。

ルビコン解放戦線でも同フレームを使用しているAC乗りが複数おり、サム・ドルマヤンインデックス・ダナムリトル・ツィイーの三名がBASHO一式を使用している。

コアジェネレーター出力補正は全コアの中で最低、腕部も射撃適性と反動制御が低く、連射系武器の使用には適さない。
反面、EN負荷が低く、EN兵装以外に対する防御力も備えている。また、ブースター効率補正や近接武器適性、跳躍性能なども優秀なため、内装を熟考すれば接近戦用のフレームとしての長所を伸ばす事が出来る。

総じてコンセプトがハッキリしており、パーツ単位では旧型とは思えないほど優秀な性能を持つものもあるなど、BAWSの技術力も侮れないと実感させる代物。特に腕はブッチギリの近接武器適正から格闘機の呪い装備と化している

JAILBREAK

BASHOのジャンク品。正式名称は「AC-J-120/RC JAILBREAK」。
RaDの技術者がルビコン技研都市に潜入して現地改修したもの。装甲の劣化は否めないが、動作は保証されている。

各部装甲が脱落しているためパーツ重量はBASHOより軽くなっているが、APは元より姿勢安定性や防御性能などの諸性能は低下している。

ミッション「脱出」では強制的にこの機体を使用してアーキバス?の包囲網から脱出する事になり、ミッションクリアと同時にフレームパーツ一式が手に入る。 ただし内装はこのミッション限定の専用品であり、クリア後も他のミッションでは使うことはできない。
同ミッションにおける武装はマシンガンとジャミング弾ランチャー、拡散バズーカ。

余談

先述の通り、BASHOの腕部は突出して高い近接適性を誇り、格闘戦において最もその威力を発揮できるパーツである。
加えて、AC6より実装されたパンチを織り交ぜた戦闘スタイルをルビコニアンカラテと呼ぶ風潮が合わさり、このフレームの近接適性と松尾芭蕉忍者説(並びにニンジャのイクサにおいてカラテ重点なサイバーパンク小説ことニンジャスレイヤー)を結び付ける向きが一部にある。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-06-07 (金) 21:46:03 (38d)