ACフレームを構成するパーツの一つ。大きく分けて通常腕部と武器腕が存在する。
こちらでは、主に通常腕部について説明をしていく。

人間の腕部とほぼ同様の構造をしており、マニピュレーターで各種の(それ用に開発された)火器を保持することが可能。
2シリーズ4シリーズでは下腕部側面と肩部側面に兵装ジョイントを有し、前者は一部の射撃武装やレーザーブレード等の近接戦闘装備、後者はエクステンションおよび肩武器の装備に用いられる。加えて、AC3LRACVにおいては肩部装甲内に補助兵装の搭載スペースを有する。
基本的にACの腕部を用いた攻撃手段は、これら装備を前提としているが、AC6ではマニピュレーターで直接殴打するパンチが使用可能。

PSACシリーズでは他のフレーム同様APと防御力のみの設定であったが、AC2以降ではブレードホーミング能力、射撃時の銃口の跳ね上がりを抑える能力などがパラメータに追加された。
また、AC2以降パーツの並びが中量・軽量・重量の順になり、ACVでは対KE・CE・TEの順に並んでいる。これは他フレームでも同様。

4シリーズにおいては、PA関係のほかに運動性能・射撃安定というパラメータが追加された。"射撃武器の銃口を移動する速度"に影響するパラメータで、この二つが低いと近距離での戦闘が難しくなる。
軽量腕部になると運動性能が高くて射撃安定が低め、重量のものになると運動性能は低いが射撃安定が高いという傾向がある。従って、軽量級には軽量の武器、重量級には重火器が適している。
また、EN武器適正というパラメータも追加されており、これはレーザーブレードのみならずEN属性の射撃武器にも影響するというもの。例えば武器腕コジマキャノンコジマライフル)のこれをチューンで上げる事で、ただでさえ高い攻撃力を底上げできる。

ACVでは武器腕が廃止され、全ての腕部がいわゆる通常腕となる。
旧作におけるエクステンション装着部に予備兵装を懸架するハンガーユニットを設けており、肩部にミサイルロケットあるいは補助武装を搭載可能な構造となっているのが外見上の特徴。
ゲームシステム的には、それまでの作品にあったEN武器適性が廃止されている。また、4シリーズ以上に射撃安定性能がリロードに与える影響が大きくなっている。

AC6では再度武器腕が廃止され、通常腕のみとなる。
エクステンションやインサイド、肩武器といったパーツカテゴリそのものが存在せず、PSACシリーズ以来のオーソドックスな形態へと回帰している。
ただし、反動制御や射撃武器適性、近接適性といったパラメータは引き続き実装されている。
特に近接適性は各種の近接武器の火力に直結するため、アセンブルによってはこれの値を最優先とするのが適切なケースも多々見られる。

余談

ACのマニピュレーターの形状は概ね人体のそれを踏襲した5本指スタイルだが、例外がいくつか存在する。
傾向としては『軽量化を突き詰めた結果としての簡略化』や『元々本格的な戦闘に用いることを想定していないパーツである』などのパターンがあり、前者の典型がX-SOBREROLAMMERGEIER、後者はWRECKER?が該当する。

また、一見ヒトの手と同じスタイルに見えてその実…というパターンとして、ミトン状に簡略化されているUCR-10?系列やBASHOのようなケースも有る。
PP?の設定画によればヴィクセンは小指がない4本指だったりもする。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-07-15 (月) 00:27:53 (11d)