惑星封鎖機構の監視を掻い潜りルビコン3へ進駐する星外企業に対抗するためにルビコニアン?達が結成した武装組織。

指導者サム・ドルマヤンを帥父と仰ぎ、彼の掲げるコーラル神秘主義思想を精神的支柱としているが、組織の実質的な指揮は帥叔ミドル・フラットウェルが握っている。

ドルマヤンの語る?を本来の意味を知らないまま合言葉として使用しており、特に末端の兵士達はこれを唱えて外敵を排除する事を最大の目的と捉えている。
しかし、その現状は思考停止的な側面を持ち合わせており、「真のルビコンの解放」には程遠いとして、危惧する声もある。

BAWSエルカノ?といったルビコン系企業からAC用パーツやMTの供給を受けている他、ジャガーノートストライダーといった特殊兵器も保有する。

参加している人員も元ドーザーのドルマヤンを筆頭に、独立傭兵や孤児、職工など様々な面子が顔を連ねる。

主なメンバー

余談

解放戦線に所属するACパイロットは六文銭を除き指の名前が入っている。
六文銭には指の本数を越える数字の「六」が入っているため、本来想定されていないメンバーである事が見て取れる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-10-18 (水) 11:20:22 (251d)