ACNXに登場するレイヴンジノーヴィーの愛機である中量二脚AC。Dual Face.
全てクレスト・インダストリアル製で統一されたパーツは黒一色で塗装されており、センサー部のみが赤く光る。
詳細は不明であるが、クレスト社による独自の調整がミッション中のクレスト社オペレーターの台詞に仄めかされている。

背部兵装大グレを二門装備しているのが最大の特徴にして、最大の欠点。
極端な重量過多となっており、搭乗者の強化人間補正をもってしてもかなり鈍重な挙動になっている。(ただし、ミッションのデモ中では非常に軽快な機動を見せている
他はアサルトライフルレーザーブレードダガー)、迎撃ミサイルなど比較的常識的な装備で、あまり見られることはないが右腕側のハンガーにもグレネードライフルを一丁格納している。
このため、背部のグレネードランチャーパージすると機動性がかなり改善される。

また、LRに登場したモリ・カドルの乗機であるピンチベックはこの機体を模したものであり、これが理由でジナイーダの怒りを買うこととなった。
詳細はモリ・カドル個別記事を参照。

他にも、ARMORED CORE Retributionではシーモック・ドリが同名の機体に搭乗している。
“有名レイヴンの機体と同型”と表現されているが、AC4Nシリーズの世界観的繋がりは不明瞭(模型連動企画であるACRは特に)であるため、解釈は個々人に委ねられる

2008年7月、ヴァリアブルインフィニティにて“クレスト CR-C90U3 デュアルフェイス・バージョン”としてシリーズ5番目に製品化。
一部のパーツ整形色がシルバーに変更されており、ゲーム中のような威圧感はやや薄れたものの色彩のバランスが取れて精悍な印象になっている。
後に「〃 ネクサス・バージョン」として整形色の変更(全て黒に)、エンブレムのタンポ印刷などが行われた版も限定販売された。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-21 (火) 22:59:15 (1944d)