その名の通り、実体のある装甲で構成された盾のこと。
初登場はSLだが、それ以前にもAAにおいて、似たようなコンセプトのエクステンションが登場している。
エネルギーシールドと比較しても遜色ない性能を持ち、当然だがエネルギーも消費しないため、実質的にシールドといえばこちらを指すことが多い。

Nシリーズにおいては対実弾防御用に特化した性能となっており、ENシールドとの棲み分けが図られている。
が、肝心の防御力はそのぶんの重量をフレーム選択に充てた方がマシというほどに低く、実質的な産廃となってしまった。

ACVDではシールドカテゴリ全体が実盾に一本化。
これまでのシリーズとは違い、シールドそのものに独立したAPが設定されており、機体のダメージを肩代わりさせる仕様となっている。
各シールドの防御特性は対KECETEいずれかに特化しており、対応した属性に対してはすさまじい防御力を発揮する。
一方で対応していない属性の防御値は連射武器が貫通するほど低く、違う属性の攻撃を受けようものならあっという間に破壊されてしまう。

相手がシールドを持っている場合、スキャンによってシールドの属性と対応する属性の防御値を読むことができる。
またシールドごとに形状が大きく違うため、接近すればスキャンしなくとも対応属性を把握することも可能。
相手がシールドを構えたら、非対応属性の攻撃で一気に剥がしてしまうのが良い。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-17 (火) 19:12:51 (304d)