NXfAにおいて、実弾系の射撃武器に導入されたシステム。SLにおいて、800マシなどの一部の武器の性能が突出していたために設けられた措置である。
武器によって総弾数とは別の「マガジン装弾数」が設定され、マガジン内の弾数は比較的高速で連射できるが、マガジン分を撃ち切ると「マガジン再充填(マガジンリロード)」となり、やや長めのリロードが発生するというもの。
このため、連射速度は劣るものの持続的に射撃可能な従来型と、一定のインターバルを挟むことで瞬間的に火力を集中できるマガジン型に分けられるようになった。

Nシリーズでは腕部用・背部用を問わず、ほとんどの実弾武器で従来型とマガジン型が混在している。(バズーカグレネードライフルミサイルなどは従来型のみ)
4シリーズではライフル突撃型ライフルマシンガンハンドガンと言った腕部用の一部実弾武器に、カテゴリを一括してマガジンの有無が設定されている。また、ガトリングガンのように非マガジン式を長所とするカテゴリもある。

弊害

戦闘中は再装填の描写が無い為、何処に予備のマガジンを仕込んでいるのか、そもそもどうやって再装填しているのかが全く不明である。(AC4では武器を下に向け、再装填完了すると駆動音と共に腕部が微動する演出があるが、マガジンそのものは交換されていない)
初出となったNXでは、ライフルで6〜12発、マシンガンで10〜20発など、マガジンごとの装弾数が異様に少ない設定も謎を呼んだ他、マガスナ軽グレといった一部のマガジン式武器の性能が突出するという事態が生じた(これらはLR以降改善される)。

二次創作の際には“砲身や機関部の放熱として考える”など、ファンの独自解釈が入ることも珍しくない。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-28 (水) 16:30:32 (1515d)