クローム・マスターアームズが独自に開発した高級AC。Vixen(英語で“雌狐”の意)。ACPPスティンガーの愛機として登場するほか、ファンサービスとして後の作品にも登場する。
鋭角的な外装、頭部のブレードアンテナ、一見逆関節のようにも見える脚部、膝下にまで届く極端に長い腕部などが特徴的。

PP版設定

固定武装としてコアプラズマキャノンを装備し、携行武装は20mmマシンガン(砲身下部にグレネード搭載可能)と、先端に双発のプラズマトーチを仕込んだシールド。
ただし、ゲーム中ではマシンガンではなくバースト式のレーザーライフルになっており、またプラズマキャノンは使用しない。

ムラクモ・ミレニアム系といわれるウェンズデイ機関に所属するスティンガーがこの機体を入手した背景には、同機関がクロームとも一定のパイプを有していた事実がある。
またゲーム本編には登場していないが、ヴィクセンのベース機として“ヴェノム”が存在し、頭部や肩部など機体形状が異なる。

AA版設定

AAではロストフィールドでのミッション“未踏査地区調査”にて出現。
オリジナル版と異なり、コアのプラズマキャノンが拡散射撃を行うものとなっている。
高威力を持つがチャージ時間を要する上、その間は身動きが取れない。
初期設定にあったグレネードランチャーもこのバージョンは使用する。
また他のロストフィールド登場機体同様、オリジナルより幾分巨大化している。

NX版設定

ACNXでは隠しパーツ(この内、脚部名称はVIXEN)として入手可能で、通常のAC同様にプレイヤーも使用できるようになった。
コアのプラズマキャノンは廃止され、レーザーライフル(佃ネクサスでは弾数重視のリニアライフルだった)は小威力・省エネルギー型に、シールドは単なる大型レーザーブレードとなった。また特徴的だった腕部も標準的な長さとなっている。
各パーツを見れば結構優秀だが、それだけで機体を組むと総エネルギー消費が悲惨なことになる。
なお、元々はクローム製であるが、NX本編でも使用できる都合上か、主要パーツは表記上全て(流線型のデザインが主流の)ミラージュ製となっている。

頭部   :YH08-MANTIS
コア    :YC07-CRONUS
腕部    :YA10-LORIS
脚部    :YLH11-VIXEN
ブースタ :B02-VULTURE
FCS   :MF01-MUREX
ジェネ   :FUDOH
ラジ     :R01-HAZEL
インサ   :I07D-MEDUSA2
エクステ :なし
右肩装備:なし
左肩装備:なし
右手装備:YWH07-DRAGON(左手用のDRAGONもある)
左手装備:YWL03LB-TAROS

このNX版ヴィクセンはヴァリアブルインフィニティシリーズにもラインナップされた。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-01-16 (木) 23:16:11 (1431d)