機体性能を向上させること。NXから導入されたシステム。
Nシリーズでは機体の各フレームパーツジェネレーターブースターラジエーターに設定された一部パラメータを、パーツごとに10回までチューン可能。
NXのみチューンが有料だが、NBおよびLRでは無料となっている。
4シリーズではFRSメモリを使用して、一部パーツの性能を向上させることが可能。FRSメモリはストーリーの進行に伴い手に入れるほか、ハードモードのミッションをクリアすることで入手可能。
ちなみにPS3版AC4では、プレイヤーが入手可能なFRSメモリが300なのに対し、ベルリオーズセロジョシュア・オブライエン等の上位リンクスは300を超えるメモリをそれぞれの機体に割り当てている。
そのため、機体図面を読み込む際に若干の工夫を要する。
なお、360版では337まで入手可能であるため、全ての図面を正常に読み込むことができる。
ACfAでは上限は現在442まで。ハードモードのクリアで5、さらにSランククリアで1追加となる。
ステイシスアステリズムホワイト・グリント等の強力なネクストも、両ハードともに入手可能数の範囲内でチューンされている。

ACVにおいては廃止されている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-22 (木) 21:40:32 (524d)