AC4に登場するコロニーの1つ。
主人公やフィオナらの拠点となるコロニーであり、地理的には西アジア、現在のトルコに位置する。
……と言うか、アナトリア半島はトルコ共和国の国土の大半と言って差し支えない。
何しろ、ボスポラス海峡を挟んで東側(=アジア側。イスタンブールは西側にある)のトルコ領はその殆どがこの半島であり、単純に面積で比較すればアナトリア半島側の方が面積は圧倒的に広い。

イェルネフェルト教授が提唱したネクスト技術により、繁栄を謳歌していた。
しかし、教授の死後にそれらの技術が外部に流出したことによりアドバンテージを失い、存亡の危機まで追い込まれる。

エミール・グスタフはこの状況を打破するため、技術試験用に保有していたネクストを戦力として売り出すことを目論み、かつて伝説とまで呼ばれた元レイヴンリンクスとしてGAに売り込みをかける。
この策は功を奏し、アナトリアは傭兵ビジネスにより多くの収入を得るに至る。
しかし、アナトリアの傭兵が戦果を挙げ、その脅威が高まるにつれ、コロニーへの直接攻撃のリスクも高まり、マグリブ解放戦線の残党のみならず、企業からの攻撃も加えられるに至る。

それでも辛うじて、リンクス戦争の終戦まではこのコロニーは存続し続けていた。
しかし、戦後に壊滅したレイレナード製のプロトタイプネクスト“00-ARETHA”による攻撃を受け、これを退けるものの甚大な被害を受け、壊滅することとなる。
皮肉なことに、このプロトタイプネクストの設計を担当したのは、かつてこのコロニーに繁栄をもたらしたイェルネフェルト教授であった。

関係者


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-16 (水) 22:08:15 (1772d)