SLで何度も主人公の前に立ちはだかる無人AC
AI研究所から提供されたAIを搭載しており、軽量二脚、中量二脚、重量二脚、逆関節タンクが存在。
当初は企業(特にミラージュ)の配備する無人兵器であったが、その後サイレントラインからの干渉により指揮系統を奪われ、サイレントライン側の戦力として利用されてしまう、ある意味SLにおける兵器市場を体言している存在。 因みにSLに置けるミラージュ社の新技術応用兵器だが、生産にはキサラギが関わっている。

軽量二脚型

ミッション“新型兵器破壊”に登場。
ロケットパルスライフルEO?を装備。
撃破すれば追加報酬がもらえる上に、無限に出現する為、APと弾薬に余裕があれば連続撃破を狙う事も出来る。

中量二脚型

ミッション“未踏査地区探査”において条件を満たせば登場。
このAI機体群の中で唯一のクレストタイプの機体であり、タンク型と共に出現。
ライフルリニアガンダガーを装備。
タンク型がエネルギー兵器を多用するのに対してこちらは実弾メインの構成。

重量二脚型

ミッション“衛星兵器破壊”に登場。
背中にリニアガンレーザーキャノンを背負っている他、マシンガン春鳥も装備している。
また、ステルスを装備している為、時折ロックオンを無効化してくるが、設置型オービットを使えばステルス発動中もダメージを与えられる。
また、この機体はミッションにおける撃破目標ではない為、相対する際必ずしも撃破する必要はない。

逆関節型

ミッション“無人要塞鎮圧”に登場。
オービットキャノンカルサワ春鳥というシンプルな武装。しかしミッションの性質上相対する頃にはプレイヤー側もかなり消耗している為、強敵に感じる。
とは言え重量二脚型同様、相対する際必ずしも撃破する必要はない。

タンク型

ミッション“未踏査地区探査”において条件を満たせば中量二脚型と共に登場。
デュアルレーザーライフルカルテットキャノン月光を装備。タンク型である為、耐久力は高め。
中量二脚型が実弾兵器を多用するのに対してこちらはエネルギー系兵器を多用する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-16 (金) 22:26:03 (368d)