AC4およびACfAに登場するネクストAC。
名前こそ同じだがそれぞれ別の機体。アーキテクトはどちらもアブ・マーシュが担当している。

AC4では

コロニーアスピナの傭兵ジョシュア・オブライエンの乗機。
必要最低限の武装と高い機動力を持つ軽量二脚であり、企業ごとの標準機がメインである4時点では珍しい混成機。
あえて言うならアスピナを支援しているオーメルとその提携企業たちのパーツが多い。
二段QBを二段QBでキャンセルするなど恐ろしい機動力を誇り、この時代のNPCネクストでは一段抜けた強さを持つ。
いくつかの対ネクストミッションでアナトリアの傭兵が苦戦していると助けに来てくれる他、ソルディオス迎撃でも共闘することになる。
ハードモードでは敵の増援になったり登場しなかったり早々と撤退したりと大きく立ち位置が変わる。

呼び分けのためかファンからは「旧グリント」や「ジョシュア・グリント」と呼ばれている。

ACfAでは

ラインアーク所属の中量二脚ネクストAC。本作の看板機体。通称白栗。搭乗者名はUnknownフィオナ・イェルネフェルトがオペレーターを担当している。
企業体勢に反発する人々にとっての象徴であり、それ故に意図的にカラードランクを落とされ9位に甘んじている。(この9というナンバーはナインボールにちなんだ数値だと言われている)
しかしその実力は群を抜いており、その討伐にトップランカープラスαのネクスト二機を必要とするほどである。
OPにも出てくるスピリット・オブ・マザーウィル戦においても、弾切れを起こして撤退するまで戦闘能力を奪われることはなかった。
ルート次第で敵にも味方にもなるが、最終的に撃破され海中に没するのは変わらない。
A NEW ORDER of “NEXT”において、パイロットは生還したものの機体は修復も再生産も不可能であることが語られている。
ハードモードでは再起動する、一瞬で大破するなど色々な意味で他のACとは一線を画している。

武装は対ネクスト戦に秀でたBFFライフルと総合性能に富む専用分裂ミサイル、そしてアサルトアーマーを装備している。
初期レギュではこのミサイルがとんでもないバランスブレイカーだったため鬼のように強かった。
調整後も絶妙な間合いの取り方と堅実な削りでプレイヤーの壁として立ちはだかる。

機体を構成するフレームには他には無い素敵な性能が沢山ある。
具体的には

  • アサルトアーマー発動時に閉じるセンサー保護シャッター
  • OB時に変形するコア
    などがあげられる。
    また、そもそもジョイントがない肩武器やコアとの組み合わせが悪いOIGAMIは装備不可能となっている。

一部、フロム脳患者の間では搭乗者の正体は前作主人公ではないかと言われている。(詳しくはUnknownの項目も参照のこと)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-17 (金) 08:13:58 (885d)